menu

世界農業遺産の地。

2013年、日本で3番目に世界農業遺産認定

この地域では
クヌギのほだ木を使ったシイタケ栽培が盛んです。

クヌギは伐採しても根株から再生する木。
伐採した木は柔らかくて栄養豊富な土をつくり、
保水や川下の沿岸漁業にも役立っています。

また山間地では
水田の用水を確保するために
小規模の「ため池」を連携させる文化が生み出され、
クヌギ林とともに独自の風景を作り出しています。

交流の場としての温泉。

別府や湯布院から車で約30分の距離に位置し、
市内にも10の温泉がある宇佐。
温泉は地域で親しまれている「憩いの場」になっており、
安心院町内にも4つの温泉が集まっています。

農泊では、家のお風呂ではなく
温泉をご利用いただきます。
普段着の地元の人々との交流とともに
温泉をゆっくりとお楽しみください。

全国で有数の「こて絵」。

漆喰の壁に描いた立体的な絵「鏝絵(こてえ)」
の数で安心院は全国トップクラス。

明治期のものを含め80ほどの鏝絵があります。

参照:「こて絵散策(宇佐市観光協会ホームページ)」 http://www.ajimukk.com/kotee/index.html

めがね橋、日本一。

宇佐市は、石造りのめがね橋の数で日本一。
江戸時代から昭和初期の石橋がたくさん残っています。

安心院ではライトアップされるので
夜に見に行くのもおすすめです。

八幡さま全国4万社の総本宮、宇佐神宮。

宇佐市にある宇佐神宮は八幡さま全国4万社の総本宮。
最初の御殿が建立されたのは弘仁14年(823年)。
上宮内には樹齢800年のご神木があります。

なぜ「安心院」?

「安心院(あじむ)」の由来は諸説あります。
奈良時代に「倉院」があって
攻め込まれにくい地形なので「安心」だから
というのがそのひとつ。

「倉院」というのは、お米を集める場所。
ここは古くから経済交流の要衝だったようです。

今でも高速自動車道が交差し、
大分空港、大分駅、湯布院、別府、宇佐神宮などの
中心に位置する交差点です。