安心院NGT
コンソーシアム協議会

NGT = Next Generation Tourism

私たちは「次世代のグリーンツーリズム(農泊)」を通して
持続可能な農村経済の確立に取り組んでいます。

農泊発祥の地

大分県の山間の町・安心院で「農泊」という言葉が生まれたのが1996年のこと。それからNPO法人 安心院町グリーンツーリズム研究会が中心となって約20年間にわたり、農泊を発展させてきました。安心院NGTコンソーシアム協議会は、このNPO法人と手を組みながら「新たな世代で新たな農泊のカタチを考えよう」という想いで始まりました。

CONCEPT

泊・食・体験の分離

従来の農泊 = 一軒の農家での「宿泊」+「食事」+「体験」

この方法では一軒の負担が大きく、
高齢化が進む農村において
農泊を継続する上での懸念材料のひとつになっています。

そのため、私たちは
泊・食・体験の分離・分担を推進しています。

EVENT SPACE / WORKSHOP

コンセプトスペース「農村BASE」

「家族旅行村 安心院」内の「農村BASE」で農泊の入村式や
体験プログラムなどを実施しています。

交流プログラム
農村ベース大学 / 青空MTG(ミーティング)/ 青空BBQ
イベント / ワークショップ
ぶどう草木染め体験 / 農緑サミット
レンタルスペース(4〜300名まで利用可能)
農村BASE / 農村BASEセカンド / 縁側木箱
ぶどう狩り(8〜10月:王さまのぶどう旅行村農園)
農村BASE

安心院NGTコンソーシアム協議会

〒872-0521 大分県宇佐市安心院町下毛1090
TEL:0978-58-0307

代表 宮田宗武
宮田ファミリーぶどう園
ドリームファーマーズJAPAN 代表取締役社長
安部元昭
安部葡萄園
ドリームファーマーズJAPAN 代表取締役副社長

・宇佐市 ・ドリームファーマーズJAPAN
・宮田ファミリーぶどう園 ・安部葡萄園